【No.4】リーダーのクールビズの基本2017

BLOG /

blog ひと言 No.4

「クールビズの服装は、今でも悩みます――」 

2005年からスタートしたクールビズですが、実施期間はその年によって違い、2017年は51日~930日までとなっています。業界・職種を問わず、クールビズは定着しましたが、このビジネスでの“軽装”に悩む人は少なくありません。先日もある社長から、「何が良くて、何がダメなのか、よくわかりません」との声がありました。 

本来、暑い時期に少しでも涼しく、快適に過ごせる服装、ということで、「スーツでなくても、ネクタイを締めなくても、この時期は良いですよ~」ということでした。とはいえ、ビジネスは相手があることなので、リーダー層にはある程度のガイドラインが必要です。 

当初は、スーツの上着を脱いでネクタイをはずしただけ、休日のゴルフウエアのまま、という姿も多くいました。スタートから10年以上たちますが、スーツ慣れした人こそ、上下違った装いをすることに自信がもてず、苦手意識があるリーダーも少なくありません。やはり、新入社員や若手とはちょっと違う、リーダーとしてのクールビズのはずしてはいけないポイントを確認しましょう。 

リーダーの気づかうべき、クールビズの基本を3つ をあげておきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<ポイント1> いつでもジャケットは着られるように 

実際はまだまだいらっしゃるようですが、リーダーであれば、スーツの上着を脱いで、ネクタイを取っただけの装いをクールビズと言ってはいけません。スーツは上下で着るものであり、ただでさえパンツのほうが傷みやすいはずです。真夏の汗をかく時期にパンツだけ着用頻度が高いと、パンツの傷みばかり進んでしまい、スーツ上下で着るときに違和感が出てしまいます。クールビズ用のジャケットとパンツは、スーツとは別に用意しましょう。

 ジャケットは常に着用している必要はありませんが、いつでも着られる準備をしておくことはリーダーにとっては重要です。突然の来客やお客様への謝罪など、予定外のことが起こったときにも、シャツの上にジャケットを着るだけで、きちんと感が大きく違います。基本は、ブルー系のジャケット、グレーのパンツが応用がききます。 

<ポイント2> 下着はVネックの袖なしを 

クールビズが定着したことから、下着の機能性の高さは年々進化しています。防臭機能、速乾機能などを考えると、毎年買い替えるべきアイテムの第一は下着かもしれません。ヨーロッパと違い、高温多湿の日本の夏には下着の着用は必須です。下着を着ることで、汗でぴったり肌に張り付いたシャツ姿になることは防げます。 

第一ボタンをはずしたシャツの襟元のVゾーンから、下着が見えていませんか? ブルーのシャツの襟元から白の下着が見えているという人・・・・・・結構、いらっしゃいます。下着の襟元の形が丸首では、どうしても見えてしまうことがあるので、下着は「Vネック」の「袖なし」を選びます。半袖の下着がシャツに透けるのも・・・・・・スマートではありません。 

<ポイント3> ボタンダウンは万能ではない 

クールビズ時期、ボタンダウン(襟先をボタンで留めるタイプのシャツ)の着用率がグンと高くなります。ボタンダウンのメリットとしては、ネクタイをしなくても襟元がくずれにくいこと、最近は豊富なデザインでおしゃれ度がアップした(ように見える)ものが、お手頃な価格で手に入りやすくなったことが理由でしょうか。 

ですが、クールビズ=ボタンダウン、ではありません。そして、デザインやボタンの色や形が凝ったものであるほど、カジュアル度は高まります。リーダーであれば、クールビズスタイルでもきちんと感が求められるシーンはありますが、そんなときはボタンダウンシャツはNG。ネクタイをしなくても襟元がくずれない、襟の高さがあるデザインのシンプルなものがきちんと見えます。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

リーダーは、涼しさを求めるばかりではいけません。必要なときは、盛夏であっても「涼しさ」と「きちんと感」の両立が必要になります。上記の3つは、どれも基本ばかりですが、あえてリーダーのクールビズのポイントとしてご紹介しておきます。

「涼しさ」と「きちんと感」の両立できていますか?夏の清潔感はここからです。