「ニュートラル」時間を増やしていくことが大事

COLUMN /

No.177_top_パターン2

 

2022年 年初のご挨拶にかえて

 2022年も始まりました。

 今年こそ、明るい1年をーーーと願いたいですが、まだ先の見通せない時期です。

 例年ですと、1年の大きな目標を年初立てるのが恒例でしたが、今年は、あえて目標とか立てなくてもいいのではーー?という気持ちになっています。

 一昨年の2020年、年初から始まった大変化の時代。

 「今年こそは」「これからは」と、普通の生活が戻る期待をして、そして、「またか・・・・・・」「まだまだか・・・・・・」と落胆し、それを何度も繰り返してきた約2年。

 ご本人の自覚のあるなし、大小に違いはあれど、誰もが何かしらの不安と何かしらの疲れがあるものです。

――というか、あって当たり前、全くないというほうがおかしい状況です。

 そんなときに、「前向きに」「明るい気分で」とうのは無理があるというもの。

 大事なのは、「ニュートラルにいること」

 明るくも、暗くもない気分が「ニュートラル」。

 大きな感動も、大きな落胆もしないのが「ニュートラル」。

 活動的すぎず、引きこもりすぎないのが「ニュートラル」。

 そう考えると、「ニュートラル」は、普通の自分、無理のない自分、いつもの自分。

 うれしいことも、悲しいことも、あるのが人生だけど、その振れ幅が大きければ大きいほど、きっとメンタル的にはきついはずです。感情の振れ幅は少なく、負担なくすることは大事なこと。

 「ニュートラル」の時間を多くすることが、“キモ”かもしれません。

 2022年は、「ニュートラル」でいこう!

 本年もどうぞよろしくお願いいたします!

 

22826855_s