“ビジネス・マナー”は不変ではない、現代版に要アップデイト!

COLUMN /

No.137_top_パターン2

 

「基本」と「NG」をはっきり、しっかり

 最近、「いろんな人がいろんなことを言っているなぁ~」と感じたのが、“ビジネス・マナー”関連のことです。

 仕事で必要があり、関連書籍をはじめとした、現代版の“ビジネス・マナー”をチェックしていました。

 もちろん、私はマナー系の専門でもないですが、一般的なことをわかっているつもりです。不変的なものであるはずのマナーも、ビジネスと付くと、時代とともに変わっていくもの、ですね。

 社会人になって新人研修を受けるのは、まったく知らないことの基本を知る機会として意味があることです。

 基本は大切です。これを知っているか、いないかで、自信がまったく違います

 ですが、これにはアップデイトが必要。自社バージョンに変化させていく、実際にやってみて、現場に合ったかたちにしていかないことには、違和感が出てしまいます。

 私の場合、何かをお伝えするときには、まずは「基本」、そして次には「NG」をはっきりと教えます

 ビジネス・マナーもこれが重要で、「マナー」ではこうだから!と知識として入れたものだけを頼りにしてしまうと、キッチキチすぎて自然でスマートなマナーを知っている人には見えないと感じます。

 「基本」と「NG」の間の“アソビ”の部分を、自分の経験でアレンジしていくくらいでよいと、個人的には思っています。

 本当に、いろいろな人が違うことを言っているので、自分が「この人!」と思う人の話を「基本」として聞かないことには、かえって迷うことが多くなりそうです。

 

名刺交換一つでもいろいろな人のさまざまな解釈

 例えば、名刺交換

 コロナ禍の今、昨年入社した人は、実際に名刺交換をしたことがない、という人が少なくないようです。その代わりに、オンライン名刺交換が広がるかと思ったら、実際にやっている人は、ほぼいないというのが現状です。

 名刺はやはり、対面でやらないと意味がないーーということで、これは機会は減っても、なくなることはないようです。

 今回、ひと通りチェックしてみて、名刺交換の仕方で「これは???」と、違和感があったのが、受け取った後の名刺の扱い方について。

 その一つに、こうしたことが書いてありました。

 要約すると、「受け取った名刺は、一番偉い人の名刺を名刺入れの上に置いて、それ以外の人は、その下に置く」とのこと。

 マナーとは、本来、相手が気分良く、コミュニケーションがスムーズにいくための潤滑油の役割であるはずです。

 一番偉い人の名刺だけを座布団替わりに名刺入れを敷き、その他の人はその下にズラーッと並べられている、それを正面から見える相手の気分は……良いわけがない、と思うのです。

 これは一例ですが、IT化が進み、コロナ禍でオンラインが日常化した現在、私も今一度、コロナ禍で時代の変化を敏感に感じつつ、最適なアレンジをチェックしてみます。

 さて、みなさんは、アップデイトできていますかーー?

 

画像