今やグータッチは公式の場でもOK!コミュニケーション手段の変化

COLUMN /

No.159_top_パターン4

 

恥ずかしさとためらい!?1年前のグータッチ

 「見ないつもりが、オリンピックをずっと見ているよ(笑)」

 こんな友人の言葉が、今の多くの日本人の本音を代弁しているかのようです。

 開催が危ぶまれていた東京2020オリンピックも、始まってみればアスリートたちの熱い戦いを目にして、応援したくなるのが自然な心理ですね。

 ちょうど1年前の2020年7月末に、このコラムで「グータッチ」について書きました。

 「グータッチはオフィシャルでもOK?その効果とは?」

 https://www.primeimage.jp/blog/?p=1150

 1年前の時点では、公式の場でグータッチをしてもいい?――

 というちょっとグータッチをすることを迷いがちな状況でした。

 1年後、このオリンピック開催時期になると、

 「グータッチはコミュニケーション手段として浸透している」

 と言い切れる数々のシーンを目にしました。

 とくに目立っていたのが、体操男子の演技後。

 他チームとの選手とも気軽にグータッチを交わす姿が何度もありました。

 日本チームの団体決勝では、銀メダルを獲得。

 メダルを競ったROC(ロシアオリンピック委員会)や中国のライバルチームの選手へも笑顔で歩み寄り、グータッチや握手をする姿は、本当に清々しいものでした。

 

感染に配慮した失礼にはあたらないコミュニケーションに

 今回のオリンピックの表彰式は、メダル授与もセルフサービス。

 本来であれば、メダルを首にかけてもらうものですが、選手自らが並んだメダルを手に取り、自分で首にかける形式です。

 その表彰式でも、数々のグータッチが登場していました。

 アーチェリー団体の表彰式では、日本、韓国、台湾の9選手たちが写真撮影後、自分たちのスマホで9人の記念撮影。その後、お互いを称えてのグータッチが交わされていました。

 スケートボード男子ストリートでは、初代金メダルに輝いた堀米選手。

 その表彰式では、銀のブラジル、銅のアメリカの選手とともに表彰台に上がり、両隣の選手と笑顔でグータッチをしていました。

 もともとグータッチは、男友達同士の気軽な挨拶のイメージでしたが、性別を問わず、コミュニケーションとしてのグータッチは広がっています。

 卓球女子団体の試合を見ていると、日本の石川選手、平野選手、伊藤選手は、何度もグータッチをしており、お互い「がんばろう!」という労り、励ましのコミュニケーションのように見えました。

 この1年でいろいろなことが様変わりしましたが、この「グータッチ」の意味合いも変化しました。

 「グータッチは握手と同等の公式的に通用するコミュニケーション手段」

 2020東京オリンピックを見て、そう確信しました。

 目上の方が相手の場合、その方の反応は気にすべきですが、接触面が少なく、コロナ禍に配慮した「グータッチ」は、決して失礼にはあたらない、ということですね。

 

2999467_s