去年とは違う1年分、前へ進んだ“何か”とは?

COLUMN /

No.146_top_パターン3

 

経験したことがないと不安、あると求めるのは変化

 人は経験したことのないことに大きな不安を抱くといいます。まさに、私たちを取り巻いている「コロナ環境」がそれです。

 誰もが“コロナウィルス”への言いようのない恐怖を感じながら迎えた昨年のGW。ですが、今年はすでに一度、経験したことです。

 ワクチンの接種開始という大きな進歩がありますが、一人ひとりの個人レベルでも誰もがそれぞれ1年分、前へは進んでいます。それが行動であれ、考え方であれ、嗜好であれ、明らかに去年とは違う“何か”を感じているはずです。

 「Stay Home」「おうち時間」という言葉が広がった昨年のGWは、オンライン飲み会やSNSでのバトンの受け渡しなど、会えなくてもできる人との繋がり方を求めていました。

 ですが、おうち時間も増えて、その生活が慣れてくると、みんなが違った段階に入っています。SNSでのやりとりに違和感を覚えたり、オンライン飲み会は過去のものとなってしまったり。

 何か規制された状況でやっていることも、それが日常化してくるとパターン化して、新鮮味がなくなり、次の段階を求めていくーーーこの繰り返しを通して日常化や慣れとなっていくのですね。

 自分の「好き」「苦手」がわかってきて、自分にとって心地良くないものからは遠ざかっていく、遠ざけていく。それがコロナ禍で心身ともに健康でいるためには大切なことと、1年経って痛感します。

 

何をしていれば、一番元気でいられるのか?

 この心地良さの追求、違和感の排除は、今の時代、仕事でもプライベートでも大事なことです。

 ビジネスでは、大きく状況が変わっているこの時代、何らかの変化が必要です。日夜、頭を悩ませているところですが、経営者の大先輩の言葉「いやなものは続きませんよ」というシンプルなひと言で、少し方向性が見えた気がします。

 プライベートでは、人と会う、接することが重要だと思っていましたが、意外にも自分は「ひとりの時間」を充実させることが、すべての核であること。それをコロナ禍が気付かせてくれました。

 誰もが少し余裕のある時間を過ごしたからこそ、見えてきたものが1つや2つありそうです。

 今年のGWは、一人ひとりの心地良さは違うので、みんな好きなようにして過ごすのが一番。家にこもりたい人はこもって、運動をしたい人はして、人と接点をもちたい人はもつ(感染対策と状況をよく考えてですね)。

 自分が何をしていれば、心身共に元気でいられるかーー?

 これを自分自身で知ることが、一番大事、とコロナ禍が教えてくれたことです。

 ムリなく、限られて状況でGWを過ごしましょう!

 先の見えない2020年GWはこんな状況でしたね……と思い出しました。

【No.100】「コロナ禍の連休は自分をもっと甘やかそう」(2020,427)

https://www.primeimage.jp/blog/%e3%82%b3%e3%83%ad%e3%83%8a%e7%a6%8d%e3%81%ae%e9%80%a3%e4%bc%91%e3%81%af%e3%82%82%e3%81%a3%e3%81%a8%e8%87%aa%e5%88%86%e3%82%92%e7%94%98%e3%82%84%e3%81%8b%e3%81%9d%e3%81%86/

【No.99】「非常時も緊急時も、すべては“基本のキ”に立ち戻る」(2020,4,20)

https://www.primeimage.jp/blog/%e9%9d%9e%e5%b8%b8%e6%99%82%e3%82%82%e5%b9%b3%e5%b8%b8%e6%99%82%e3%82%82%e3%80%81%e3%81%99%e3%81%b9%e3%81%a6%e3%81%af%e5%9f%ba%e6%9c%ac%e3%81%ae%e3%82%ad%e3%81%ab%e7%ab%8b%e3%81%a1/

 

画像1