若手ビジネスマンの制服と化した出勤スタイルとは?

COLUMN /

No.160_top_パターン1
みんながみんな同じ服装になる!?

 「まるで制服のようだったーー。」

 というのが、本人たちも含めてその場にいた人たちの感想。

 「なになに???」と聞いてみると、平日の仕事終了後、ある催しのため集まった20代~30代の男性の服装が同じ。まるで制服のようだったとか。

 シャツはブルー。

 パンツはグレー。

 そして、黒のリュックをしょっている。

 みんながみんな同じその組み合わせなので、まさに制服と指定鞄。

 もちろん、打ち合わせしてきたわけでもなく、年齢も業種も違う7~8人がほぼ同じ装い。

 なぜ、そこまで同じになるのかーー???

 その 一人の20代(メーカー勤務)の男性の説明によると、夏はどうしても選ぶものが限られてしまう、と。

 シャツは<白><ブルー系><明るい色系(と言っていた)>になり、パンツは<グレー>か<ネイビー>となる。<ベージュ系>は老けて見えちゃうので、着れないーー。

 とにかく選ぶものが限られてしまうので、どうしても似たような組み合わせになってしまう、とのこと。

 それはよくわかるけれども……ここまでみんな同じになるかぁ~???というのが正直な感想でした。

 

爽やかに魅せたい!という思いの表れ?

 この会話がされたのは、共通の趣味(といっていいかな?)の場。そのため、誰も私がどんな仕事をしているかをもちろん知りません。

 彼らの説明を聞いた結果、

 今どきの若手ビジネスマンは、ビジネス仕様の服を選ぶとき、以下、3つを重要視している様子です。

  • 合わせやすい(汎用性が高い)
  • 爽やかにみえる
  • ユニクロで売っている

 とくに「3.ユニクロ」は重要なんだとか(笑)。

 この日は、催しというある意味、日常ではない特別の“ハレ”の場。

だからできるだけ良く見えたほうがよい!魅せたい!

 だから、比較的日本人の肌色であれば、誰でも爽やかに見える<ブルー系>のシャツを“ハレ”の場に、揃いも揃って選んだのでしょう。

 服装の規定はきびしくない様子なので、ポロシャツを着てもいいはずなのに、それは一人もいません。

 彼らによると、40代くらいまでは<ブルー系>のシャツが多く、50代になると着ている人はいなく、ほぼ<白>になるとのこと。

 周りの50代男性陣を思い浮かべながら、「結構、ブルー系のシャツ着ているけどなぁ~」と思いましたが、20代からの50代の印象としては、こんな感じなのでしょう。

 「ブルーは汗が目立つので困る」

 「ユニクロで売っていると、みんなそれを着ている」などなど、

ビジネスライクでない声が聞けたのも新鮮でした。

 少し前までビジネスシーンで使うのは一部だったはずのリュックも今では指定鞄のようにランクアップしています。

 「コロナ禍で一気に服装が変わった」という声は多いですが、ビジネスカジュアルからオンライン仕様、そして、出勤スタイルも大きく変化しているコロナ禍スタイルです。

 

1011906_s